マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

「風の講話」CD 『なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか』(前編・後編)

講師:田坂広志

「風の講話」CD 『なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか』(前編・後編)

価格:

30,000円 (税込)

購入数: セット

収録時間:1時間34分 (2007年収録)


マネジメントとは、
部下や社員の人生に、責任を負うこと。
部下や社員の成長に、責任を負うこと。

それは、実は、大きな重荷を背負うことです。
そして、その重荷がゆえに、経営者やマネジャーは
悪戦苦闘する。

では、それにもかかわらず、我々は、
なぜ、マネジメントの道を歩むのか。

そのことを、自分自身が歩んだ
四半世紀のマネジメントの道を振り返り、語ります。


■なぜ、あなたは、自ら「重荷」を背負うのか
■経営者やマネジャーが背負う「重荷」とは何か
■素晴らしいマネジャーの「後姿」から学んだもの
■なぜ、マネジメントの道を歩んだのか
■そもそも「人間としての成長」とは何か
■マネジャーが身につけるべき「人間観」とは何か
■職場における「出会い」とは何か
■仕事における「苦労や困難」とは何か
■いかにして「部下の成長」を支えるか
■いかなる「言葉」を部下に語るべきか
■マネジャーが巡り会う「奇跡」とは何か


≪参考書籍≫

なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか
『なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか』



ページトップへ