マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

「風の講話」リスナーからのメッセージ

Listener's Voice

「部下の人生に責任を負う」という視点にハッとさせられました

「部下の人生に責任を負う」という視点にハッとさせられました。
自分は上司からそんな大きな影響を受けずに、
自分で自身の進路を切り開いて来たという自負心がありましたから、
部下にも「ヒントを出すから自分で考えろ」という

ある程度突き放したマネジメントでした。
しかし、それは是正する必要があるものだと痛感しました。
そうすると、今までの上司にも影響を受けていたのだなと、
内省することも素直にできたようです。

50代になって自覚するということは情けない一方、
この年でもまだ学習・成長できる確信とで複雑な思いです。
田坂さんの考え方にはすごく共鳴できるものがあります。
今後もますますの御活躍を期待しております。

− 経営者

----------------------------------------------------------------

霧が晴れていくような気がしました

社会人1年目で今の仕事をしていて、
四方を壁に囲まれている気がしていた時、
霧が晴れていくような気がしました。
いまだに答えはありませんが、
日々を精一杯生きて、働いていこうと感じました。

− 会社員

----------------------------------------------------------------

「心の姿勢」という表現に大変共感した

「心の姿勢」という表現に大変共感し、
常に意識するようになりました。

この4月に弊社は、
グローバル展開を目指す会社にふさわしいスローガンを策定し、
国内外200社余りの関係会社に説明をしています。

しかし、会社人としてではなく、まず社会人として
「個」の「仕事の思想」を確立、または、模索し、
成長していく土壌がないといけないのではと感じています。
バランス良く広く書籍等、経験を通じて、
心の滋養を得、自分なりの「仕事の思想」を探求したいと思っています。

− 会社員

----------------------------------------------------------------

考え方を見直すきっかけになりました

なぜ仕事をするのかを考えることもなく、
このまま年功序列で大過なく過ぎていくものと考え、
漫然と企業に勤めていました。
同時に、世の中は急激に変化しており、
このままではいけないとも感じており、
また将来への不安をも募らせていました。

何をどうすればいいのか、
これから先世の中がどうなるのか見当もつかなかったときに、
田坂さんの著書や「風の講話」を拝見し、
世の中の流れ、それに対する考え方を
見直すきっかけを持つことができました。

例えば、これまでビジネスというと金儲けのことであると考えており、
その背後にある思想については考えも及びませんでした。
今後は田坂さんの著作、講義をとおして、
自分の生き方を考え直す気持ちでいます。

− その他の職業

----------------------------------------------------------------

身震いがするほど共鳴しました

とても感動しました。
30日の命と30年の命のお話、
目に見えない砂時計のお話など、身震いがするほど共鳴しました。

− 会社員

----------------------------------------------------------------

部下の「人生」を預かるという気持ちで接してきたか、と考えました

『なぜ「教育」しても部下が成長しないのか』を拝見しました。
「成長」の方法を教える=「心」の姿勢、
「成長」の目標を定める=「位取り」、
「成長」の場を作る=「空気」という明快な説明には、
はっとさせられるものがありました。

部下を持つ立場として、
今まで部下の「人生」を預かっているという気持ちで
接してきたかと考えました。
「自分」の心の姿勢を日々「自分」に問いかけながら、
自分自身の成長=「夢」を部下に語っていきたいと感じました。

田坂さんの著書は、これまでも何冊か読ませていただきましたが、
直接メッセージを聞くチャンスがありませんでした。
今回の「マネジメントの心得」をきっかけとして、
もっと田坂さんの「空気」に触れるとともに、
自分を奮い立たせていきたいと思います。
どうもありがとうございました。

− 経営者

----------------------------------------------------------------

思わず、「そうなんだよ、なぜなのか」と聞きたくなるテーマです

『なぜ、「教育」しても部下が成長しないのか』は、
かなりインパクトのあるタイトルです。

思わず、「そうなんだよ、なぜなのか」と聞きたくなるテーマです。
分かりやすく解説されており、エピソードも良く納得するものでした。

− 会社員

----------------------------------------------------------------

背筋が伸びました。私の琴線をゆさぶる話でした

背筋が伸びました。
私の琴線をゆさぶるお話でした。

この心があれば、まだ日本はおしまいではない。
否、この心があれば、日本を誇りに思って死ねる。
自分の子供にも、いつか、
自分の言葉でこの心を伝えられるようになりたい。
51歳の今、もう一度その準備を始めたい。
田坂さんの言葉ではありませんが、本気でそう思いました。

− 会社員

----------------------------------------------------------------

マネジメントの本質的な使命がハラに落ちました

「マネージャーは部下の人生を預かる責任がある。
 しかし部下の生活を一生支えることはできない。
 だから部下の成長に責任を持つのだ」

まさに至言であり、
自分の中でもやもやしていた
マネジメントの本質的な使命が
しっかりハラに落ちました。

− 経営者

----------------------------------------------------------------

「奇跡の一瞬」に心から感謝できる心を持ちたい

これまで何度か田坂先生のお話を伺っていますが、
今回ほど自分の心の奥底まで響いたものはありませんでした。

「奇跡の一瞬」に心から感謝できる心を持ちたいと思います。

「言葉が軽い」
まさに日頃、自分に対して感じていることでした。

それを克服することは、実は目の前にあるのだと気づきました。

目の前にあるハードルを直視し、
それに対して必死でぶつかっていくこと、
決して、現実から逃げず、それを乗り越え、
その結果として成長していくことが最大のポイントなのだと。

− 会社員

----------------------------------------------------------------

たくさんのマネジャーから学ばせて頂いたと再認識しました

マネジメント論が人生論と結びつき、
人との出会いがアートになるというお話に感銘を受けました。

自分自身がたくさんのマネジャーと出会い、
たくさん学ばせて頂いたと再認識することができました。
ありがとうございました。

− 会社員

----------------------------------------------------------------

現在の自分の在り方、これからの生き方を考えさせられました

これまでの経験を思い起こし、
そして、現在の自分の在り方、
これからどう生きていくのか、
という事を考えさせられました。

「相手は自分を映す鏡」
自分のエゴを認めることの大切さを教えていただきました。

「自分の後姿を見せる」
一種の憧れのような心境です。
こうなれるように、まずは自分が成長する基盤を
築かなければならないと思いました。

修行の毎日ですが、自分らしく楽しく、
でも真剣な覚悟をもって歩いてまいります。
ありがとうございました。

− 会社員

----------------------------------------------------------------

マネジメントは会社だけにあるものではないですね

いろいろな方々の顔や、
かけて頂いた言葉などを思い出しながら拝聴しました。

どんなに歳を重ねても人は成長すると、
薄っぺらに考えていましたが、
まさに今、自分が学びを止めていやしないかと自問し、反省しました。

人間と人間とのつながりは、生きている限り、ずっと続いています。

家庭に入って間もないのですが、
新しい家族や親類が増え、これからも増えていきます。

マネジメントは会社だけにあるものではありませんね。

− 主婦

----------------------------------------------------------------

風の講話シリーズを見る

ページトップへ